電気通信伝送交換主任技術者試験受験情報

このページは、電気通信主任技術者試験受験を目指す方のために、その情報と受験参考書を紹介
しています。

<1>電気通信主任技術者の概要

1,電気通信主任技術者とは。

 電気通信事業者において、電気通信設備に関しての総務省で定める法令・省令等の技術基準に適合するよう
 維持管理するため、その電気通信設備の工事・維持および運用の監督にあたる電気通信主任技術者を選任
 しなければならない。となっています。いわば、ネットワーク社会における電気通信設備の工事・維持運用の監督
 責任者としての職務です。この資格は、どちらかと言えば、事業者向きの資格です。しかし、ここ最近では、
 通信の工事会社、ネットワーク保守会社等の企業でも受験される方が増加しております。これに対して、宅内
 (加入者)の工事・維持運用に関しては、工事担任者という資格があります。一般的には、この工事担任者の
 有資格者でないと工事はできないことになっております。もちろん電気通信主任技術者の資格をもっていても
 工事担任者の資格がないと、宅内(加入者)の工事はできません。従って、電気通信主任技術者は、事業者
 向き、工事担任者は宅内(加入者)向きとなります。

2, なぜ電気通信主任技術者の受験が増加しているのか。

 先のご説明しましたが、ネットワーク社会における電気通信設備が事業者ではなく、サーバ等を利用した企業間の
 ネットワークが多いため、その工事・維持運用に関する技術者の養成を社会が要求されているからです。
 また、大手キャリア(通信事業者)からの請負受注等においても、技術観点からも取得を奨励しています。

3, 電気通信主任技術者試験はどこで実施されているのか。

 この試験は、総務省が試験機関として認定している(財)データ通信協会が実施しております。
 もちろん、この資格試験は国家資格であります。
 詳細は、(財)データ通信協会 電気通信国家試験センターのページにてご参照ください。

<2> 電気通信主任技術者試験受験情報

1, 資格種別

 電気通信主任技術者資格には、大きく分けて2種類あります。従って、自分の業種・仕事にあった種別を受験
 されることをお勧めします。

 (1), 伝送交換主任技術者   一般的には、この種別の受験が多いです。

   電気通信事業の用に供する伝送交換設備及びこれに附属する設備の工事、維持及び運用
   いわゆる、伝送系・データ通信・交換・通信電力等に携わっている場合は、この種別の資格を受験します。

 (2), 線路主任技術者

   電気通信事業の用に供する線路設備及びこれらに附属する設備の工事、維持及び運用
   いわゆるその名の通り、通信線路(電柱、マンホール等)・通信土木・水底線路等に携わっている場合は、
   この種別の資格を受験します。

2, 試験内容

 詳細は、(財)データ通信協会 電気通信国家試験センターのページより"受験の手引き"をご参照ください。

<3> 電気通信主任技術者試験受験参考書

  この資格受験に関する参考書等は、品数がかなり少ないです。また、価格も他の資格試験参考書と比較
  すると、かなり高額です。 受験料もいい値段はします。よってお勧めは、この資格の最も計算問題等もある
  伝送交換設備と設備管理の参考書が良いと思います。
  過去問題集においても、一社しかなく価格も非常に高いです。節約するのであれば、インターネットで検索して
  すれば、入手可能です。また、(財)データ通信協会でも過去2年分位は無料で問題と回答がででいます。
  尚、"伝送交換設備と設備管理"の書籍は、翔泳社から出版しているNTTラーニングシステムズからの編集
  されているものをお勧めします。
   トップホームへ                                          ページトップへ
Copyright(c) 2012 mitikusaland .All Rights Reserved.