メモ  Internet Explorer  バックアップの必要性とその方法、インストール方法
  Internet Explorer のバックアップについて    
Internet Explorer のバックアップ方法
Internet Explorer のインストール方法
                                                            ホームトップへ
1, Internet Expoloer のバックアップの必要性について
 Internet Explorer は、文字通りインターネットを行うときに、ディスクトップ画面から"e"のアイコンをクリックし
起動させて、ホームページを閲覧するものです。従って、このInternet Expoloerが何らかの原因によってプログラムの
全体または一部が壊れてしまった場合は、"e"のアイコンをクリックしても起動しなく、起動したとしてもホームページの
閲覧ができなく、正常に作動しないという状況になってしまいます。
 こういう状況になった場合は、Internet Explorerのプログラムソフトをパソコンの中にインストールする必要性が
発生してまいります。一般的なインストールする方法は、バックアップとして用意していない場合、パソコンを購入した
時に添付されている CD-ROM から次の方法で行います。

   1, Internet Explorer CD-ROMからのインストール(但し、Windowsのシステムが正常に作動している場合)
   2, リカバリー CD-ROMによる回復
     ( 注意 ; ハードディスクドライブ"C"の内容がすべて消去され、購入時の状態になりますので予め
           大切なデータは、バックアップを取っておくことをお薦めいたします。)

 以上の方法で行うことにより、回復いたしますが、この場合次のような問題点が発生してまいります。

 < 問題点 >
   1, Internet Explorer のバージョンが古い場合、文字化けやソフト(スクリプトエラー)エラーとなって
     正常にホームページが表示されません。
    (参考)  Yahoo、Google等のホームページでは、推奨動作環境条件として Internet Explorer
          のバージョンが5.5以上となっています。
    2, たとえバージョンが5.5以上であったとしても、マイクロソフト社からのアップデートによる修正・セキュ
     リティ対策として不十分であり、アップデートを行う必要があります。

 問題点1の場合、マイクロソフト社からのダウンロードしようとしても、画面に表示される文字や画像が
 正常に表示されないため操作ができなくダウンロードができなくなってしまいます。

 問題点2の場合、既にWindows 95/98/98SE/ME/等はサポートサービスが終了しているためダウン
 ロードができません。 また、Windows XPについてもサービス期間が多少延長になってはいるものの、
 終了が近づいております。よって、終了後は当然ダウンロードは出来なくなります。その結果、パソコン
 のインターネットはできなくなってしまい、インターネットしない状態でご使用して頂くか、パソコンの買い
 替えということになってしまいます。

このようなことから、Internet Explorer ソフトのバックアップが必要となってくる訳です。

それでは、そのバックアップ方法をご説明いたします。
2, Internet Expoloer のバックアップ方法
  バックアップするに当り、トラブルが発生してからではなく、バックアップは、正常に作動している状態のときに
  最新版としてバックアップされることをお薦めいたします。

 2-1, プログラムを全て終了させてください。
 2-2, ディスクトップ画面左上の"マイコンピュータ"アイコンをダブルクリック。
   
 2-3, ハードディスクドライブの"C"アイコンをダブルクリック。
     Cドライブに入っているフォルダの一覧が表示されます。
     
 2-4, "Program File"フォルダをダブルクリックします。
     プログラムファイルが表示されます。
     
 2-5, "Internet Explorer のファイルを右クリックします。
     メニューが表示されます。
     
 2-6, そのメニュー内の"コピー"をクリックします。
 2-7, CD-RWをCDドライブにセットします。
 2-8, ディスクトップにある"マイコンピュータ"をダブルクリックして、CDドライブアイコンを選択してダブルクリック
     でCD-RWを開きます。
 2-9, CD-RWの開いた画面上で右クリックして、"貼り付け"をクリックします。
     Internet Explorerのショートカットアイコンが表示されCDに対して書込み準備ができます。
 2-10, 画面左上に表示されている、CDに書込みをクリックすると"Internet Explorer"がコピーされてCDに書き
     込まれます。 これで、書込みが終了すれば、コピー完了です。
                                                           トップページへ
3, Internet Explorer のインストール方法
 3-1, コピーしたInternet Explorer のファイルをダブルクリックします。
 3-2, set up ファィルをダブルクリックします。
 3-3, さらにset upのアイコンをダブルクリックします。
     
 3-4, set upが起動されインストール開始されます。
     
 3-5, 以後画面の指示に従って操作してください。
 3-6, インストールが完了すれば終了です。あとは、プロバイダーからのユーザー名、パスワード等を
     設定すれば完了です。
   このように、予めバックアップを取っておけば、後の処理がスムーズに立ち上げることができます。
 インストールしている時は、電源を切ったり、他の操作をするとシステムが正常に作動しなくなることが
 ありますので、インストール中は、自己管理責任の下に行ってください。
 < 参考 >
   上記のケースは、実際にWondows 95 OSR2のパソコンで某お客様であった障害のケースです。
    この結果、無事インストール完了後立上げ正常に回復したことにより、パソコンを買い換えることもなく
   良かったといっておられました。
    Windows 95を手放すことができなく、愛着をもっておられる方でした。
     ホームトップへ                                              トップページへ
パソコンのサポート、電話工事、LAN・ネットワーク工事は 有限会社 エスケー通信工事へ
Copyright(c) 2007 mitikusaland .All Rights Reserved.